期間より飲む量
 1日に飲む量が大切

 ・飲み過ぎはない 
  腸内細菌と共生する高麗人参
 ・高麗人参はここから
 ・たくさん飲むことで、たくさん補える  ・飲み始めがたいせつです  ・1日、5、6グラムを
  最低1年は続けたい

■■■期間より飲む量 1日に飲む量が大切■■■
体験談から導き出される結論の一つが、高麗人参茶(朝鮮人参茶)は飲み方により効果の違いが歴然としていることです。
飲む期間以上に、量を中心とした飲み方のほうが優先することが明らかです。
また、高麗人参茶(朝鮮人参茶)には必要量(適量)というものがあることも分かってきました。
では、このあたりの真相に迫ってみたいと思います。
ところで、高麗人参茶(朝鮮人参茶)を長く飲めばトータルとして多くなりますが、あまりに少量であれば、いくら長く続けてもほとんど意味がありません。
それはウォーキングなども同じで、1日に1万歩をキャッチフレーズにしていますが、1日千歩としたら、その効用を実感できる人がどれくらいいるでしょうか。
また、歩くことも一気に1万歩を要求しないように、高麗人参茶(朝鮮人参茶)を飲む量についても、1回に飲む量というより、1日にトータルで飲む量が大切だということも分かってきました。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店
▲戻る

■■■飲み過ぎはない 腸内細菌と共生する高麗人参■■■
高麗人参茶(朝鮮人参茶)は、無毒である上薬の代表ですが、無毒ならどれだけ飲んでも問題はないのでしょうか。
結論から言えば、たとえ上薬といえど自ずと上限が決まっていますし、高麗人参茶(朝鮮人参茶)にもあると思います。
ただ他のものよりも安全で、上限はあってないようなものと言えないこともありません。
ところで体験を聞くと、奇跡的治療を成した方の多くが通常量の5倍から30倍の量を飲んだと語っています。
ガンの方の場合、目安となるのはエキスの量にして最低10グラム程度と言えるでしょう。
高麗人参茶(朝鮮人参茶)の人体に対する影響と親和性については、最近の研究成果により、腸内 細菌との共生というかたちで証明されました。
どんなにすばらしい薬や食材でも、腸まで届かなければ意味がありません。
その点でも高麗人参茶(朝鮮人参茶)の主成分であるサポニンは、胃では分解されず、腸内細菌によって分解され、代謝物となって、より大きなはたらきをすることが分かっています。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店
▲戻る

■■■高麗人参はここから■■■
一般に薬の場合、服用量に応じて効果が出るものがいい薬とされます。
しかし、薬は、上限が厳しく決められていいます。
医療事故などで、その上限を超えた場合、たとえば「抗がん剤を誤って3倍投与した結果、死亡」といった記事が載ることになります。
また、一般に規定の服用量以内であっても、胃と肝臓に対しては少なからず負担となります。
そして、強い薬ほど副作用もひどく、患者の体力が弱かったりすると危険な場合もあります。
もう一つ、副腎皮質ホルモン剤などには依存性があり、継続して使えば使うほど、自前のホルモン分泌が低下することも、大きな問題点となっています。
このため薬は、継続的に使うことには難点があると言えますが、それでもあえて使うのは、目に見える治療効果や即効性を期待するからです。
その点高麗人参茶(朝鮮人参茶)は、まったく反対です、健胃薬とされ、肝臓を助けるものとして害をもたらすどころか毒を消し、五臓の働きを高めてくれます。
また、飲めば飲むほど本来の機能が回復し、最後は高麗人参茶(朝鮮人参茶)を飲まなくてもいい、元気な体になっていくのです。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店
▲戻る

■■■たくさん飲むことで たくさん補える■■■

ところで、たくさん飲むと何がいいでしょうか?
そもそも病気になったこ自体が、気を病んだ結果です。
そして、大きな病気の方ほど気が不足しているので、それを補うためには、たくさん飲むことが必要です。
ガンなどは治療そのものに体力を消耗しますし、精神面でも気を補うことが大切と言えます。
また、高麗人参茶(朝鮮人参茶)をたくさん飲むかどうかは、大病の場合に限らず効くか否かに影響することが分かってきました。
個人差や体質の差以上に高麗人参茶(朝鮮人参茶)を飲む量の違いが大きいのです。
からだは正直で、高麗人参茶(朝鮮人参茶)が足りていれば、自覚することができます。

自覚には僅かな変化もあります。
手足が冷たくなったとか、首や肩こりが楽になってきているとか・・・。
しかし、高麗人参茶(朝鮮人参茶)の量が少なければ僅かな変化を起こすにも至りません。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店

▲戻る

■■■飲み始めがたいせつです■■■
とくに高麗人参茶(朝鮮人参茶)の飲み始めは、1ケ月たった頃から量を増やし、最低でも最初の6ケ月から
1年間くらいは、通常量の2、3倍は飲むことをおすすめします。
ちなみに通常量は、人参エキスにして、1回1グラム、1日に3回で3グラム程度です。
標準的な高麗人参茶(朝鮮人参茶)の飲み方としては、最初に慣らし期間として、少量(エキスで1〜3グラム)からはじめ、徐々に増やし、約1カ月の期間かけて、目標とする量までもっていきます。
その間に自覚できる変化があり、体調が良好であればその量で効果があるわけですから、そのまま続けていってもいいでしょう。
また、高麗人参茶(朝鮮人参茶)の愛飲者の傾向として、トータルで同じ量を飲むとしたら、最初に多く飲むほうがよいと言えます。
とても重要な点です。
悪い状態で安定しているからだに、いい意味での強い刺激を与えることが成功の鍵となります。
また、高麗人参茶(朝鮮人参茶)をたくさん飲んだ場合とそうでない場合とでは、改善を自覚できるまでの期間に、はっきり差が出ます。
高麗人参茶(朝鮮人参茶)をたくさん飲むことで、自然な状態になる期間が短縮されるということです。
ただ、個人差や病気の程度・部位による時間差は止むを得ません。
また早く改善が自覚できたとしても、ゴールまでには数年を要しますので、自覚症状だけで判断せず、目標とする期間は継続して飲むことが大切です。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店
▲戻る

■■■1日、5、6グラムを最低1年は続けたい■■■
高麗人参茶(朝鮮人参茶)は、飲み方と量で大きな差がでることがお分かりいただけたと思います。
それでは、自分にとっての高麗人参茶(朝鮮人参茶)の適量についてみていきたいと思います。
結論は、親から引き継いだ体質により、年齢により、病気により、また薬の服用経歴などにより、高麗人参茶(朝鮮人参茶)の必要量はちがうということです。
さらに生活習慣の違いが必要量の違いとなって表れます。
言い換えれば、マイナス要素が多いほど、高麗人参茶(朝鮮人参茶)の必要量も大きくなるということです。
ただ、目安としては1日5、6グラムと言えます。
このくらいの量を飲めば、ある程度期待できます。
そして、最低でも1年間続けた場合、高麗人参茶(朝鮮人参茶)を飲んだ意味があったと言える結果を残すことができます。

高麗人参(朝鮮人参)の一覧
韓国を紹介するお店
▲戻る