・正官庄紅参(根)の紹介   ・ 「正官庄」の紹介 ・ 韓国人参公社の歴史
 ・ 「正官庄」の由来  ・ 正官庄高麗参の優秀性  


■■■正官庄紅参(根)の紹介■■■
種類品質同級外観特徴
天参 特1 人体型:足2−3
地参 特2 人体型:足1
良参 1等 人体型:足発達不全
切参 2等 人参胴体をカットした製品
尾参 3等 人参脚
▲戻る



■■■正官庄の紹介■■■
韓国人蔘煙草研究院とは

 韓国の科学技術庁に属する研究機関。人蔘部門と煙草部門に分かれている。 人蔘栽培から人蔘成分であるサポニンの分析、正官庄高麗蔘製品の開発まで。 毎年神戸で開催される薬用人蔘研究会で研究成果を発表しています。

韓国人蔘公社とは

正官庄高麗蔘製品の製造元・韓国人蔘公社は韓国の国営企業。 韓国中央部の忠清南道の扶餘(プヨ)近郊の18万6000平方メートルの敷地に、 紅蔘製造工場があり、紅蔘製品を製造。
▲戻る



■■■韓国人参公社の歴史■■■
 6年産である「正官庄」の高麗人参は、韓国人参公社で作られた「世界最高の紅参」であります。 韓国の人参、つまり「高麗」は、2000年以前から、韓国はもちろん中国、日本など主に、王室と貴族層から愛用されて 絶対的権威を認められてきた韓国固有の世界的特産物です。
  現在、韓国がKOREAと称されたのも、「高麗」人参が世界的に知れ渡ったからだと言われています。
  このように、貴重な高麗参を国家特産品として保護育成する為に韓国の王室や 政府は昔から特に力を入れてきました。 そして、大韓帝国の末である1899年12月1日、政府は王室の財政を受け持っていた宮内部の内蔵院に参政課を設けました。 以後、朝鮮総督府専売局、大韓民国専売局、専売庁、韓国専売公社、 そして韓国煙草人参公社と名前を変えながら、現在に至ったのがまさしく この韓国人参公社です。
100年の歴史を持った世界最高の人参専門企業それがまさしくこの韓国人参公社なのです。
▲戻る


■■■「正官庄」の由来■■■
韓国人参公社の高麗参が「正官庄」高麗参と名づけられるようになったのはもう1940年代初めからであると言われています。
高麗参(紅参)の専売制が行われた1899年から中国の商人たちは韓国政府の 専売品である高麗参を特に「官庄」と称して他の製品と区別し、 それが1940年代に入って民間で作られた類似高麗参がふえてきたために本物の政府製品であることを保証するため、頭に「正」を付け加え「正官庄」と呼ぶことになったわけであります。
▲戻る


■■■正官庄高麗参の優秀性■■■
@正官庄高麗参は世界人参宗主企業が作った「正統紅参」です。 韓国の代表的事業として、政府の公企業、韓国人参公社で作られた信頼できる紅参です。
A正官庄高麗参は、「6年産の水参」だけを原料にして作られた紅参です。
B世界最高レベルの人参研究開発投資と世界最大規模の紅参製造所から作られた「世界最高品質の紅参」です。
C正官庄高麗参は、「最も安全な人参」です。
D紅参製造、1世紀の間培われたノウハウで製造されています。
▲戻る